離婚と氏

氏の選択は自由です

復氏

  • 離婚によって氏を改めた者は、離婚によって当然に婚姻前の氏に復します。(民法767①)

婚氏続称制度

  • 離婚の際に称していた氏を称する時は、離婚の日から3ヶ月以内に届け出なかればなりません。
  • メモ

    婚姻に際し、相手方の氏(A)を称したものが配偶者の死亡後、再婚して、再婚相手の氏(B)を称し、離婚した場合、婚姻前の氏とはAか、出生時の氏(C)か?

    原則はAに復するのですが、特に希望したときのみC の氏に復することができますが、
    「いずれか選択した氏に復する」と、いう判例もあります。

離婚に際し選択した氏を変更できるか?

家庭裁判所の許可を得て変更することを認めていますが、戸籍法107条1項「やむを得ない事由」とは、気にいらないという主観的な理由では足りず、社会生活上の困難や不利益等が生じている客観的な理由が必要とされています。

社会的弊害がないのであれば、通常の氏の変更の場合より、緩やかに解釈されるようになってきています。特に婚氏を選択したものが、婚姻前の氏に変更する場合は、許可する傾向にあるといわれています。

中田典子行政書士事務所

〒639-1042 奈良県大和郡山市小泉町2104-16

お問い合わせ

電話&FAX 0743-53-5601

携帯電話 080-3778-8553

営業時間 9時?20時(年末・年始・お盆休み)

このページトップへ

HPトップへ

a:1792 t:1 y:0