子の戸籍・氏

親の一方が離婚によって婚姻前の氏に復しても、子の氏は変更されず、離婚後も婚姻中の戸籍筆頭者の戸籍に残っています。

同居している親と子の氏が異なると社会生活上様々な不都合が生じます。

父母の離婚後、親の一方の氏を称し、その戸籍に移りたいときは、子本人(15歳未満の場合は親権者)が家庭裁判所に子の氏の変更申立をします。

手続は簡単です。


本人(親権者)が裁判所(子の住所の家庭裁判所)に出頭すれば、その日に許可書を交付してくれます。

  • 費用(子1人につき収入印紙800円、郵便切手400円)
  • 添付書類(父母の離婚及び親権者指定の記載がある子並びに父又は母の戸籍謄本1通)

戸籍の届出


許可書を添付して市町村に入籍届を提出します。

  • 届出人(入籍するもの、子が15歳未満のときは法定代理人)
  • 添付書類(氏の変更許可の審判書の謄本)

上記の手続で氏を改めた未成年の子は、成年に達した時から1年以内に届けることによって、従前の氏に戻ることができます。

留意点

復した父又は母が婚氏続称している場合、当該父又は母の呼称上の氏は子の氏と同じですが、民法上は異なるため、婚氏続称していない場合と同じく子の氏の変更許可申立ての手続が必要となります。

中田典子行政書士事務所

〒639-1042 奈良県大和郡山市小泉町2104-16

お問い合わせ

電話&FAX 0743-53-5601

携帯電話 080-3778-8553

営業時間 9時〜20時(年末・年始・お盆休み)

  • お急ぎの場合は、上記営業時間に係らず、お電話にてお気軽にお問合せください。

このページトップへ

HPトップへ

a:2180 t:1 y:0